2017年04月の記事 (1/2)

初サイゼリヤ

つい先日、友人の放送作家さんの熱海の別宅で花火鑑賞の会が開かれた。
久しぶりに熱海に行って、とんぼ返りの夜。放送作家がぼくの大好きな無頼派(笑)ゆえ、楽しい時間だったが、その中で「サイゼリヤ」というイタリアン? ファミレスはすごい、という話になり、実は、一度ずいぶん昔に、東京ビッグサイト近くの店にランチで入ったような記憶があるかないか、ぐらいのレベルだったゆえ、ちょっくら偵察するか、ということになった。

メニューを見ると、頭がクラクラするぐらいの価格破壊である。
コンビニで総菜を買う(買ったことないけど 笑)ぐらいの価格。そこにちゃんとしたテーブル、椅子、水、サービスがつく。
人生で最後にファミレスに行ったのも、日本ではおそらく20年近く前かなという気もするので現在のファミレス事情を全くしらないけど、この価格で経営が成り立つなら、それはそれでスゴイ。

さらに驚いたのは、ワインである。
マグナムボトルが1000円。酒屋でも1000円で売られているマグナムを見たことがない。というか、わざわざマグナムボトルを用意して1000円で売る必要があるんかなあと、首を傾げた。自分以外、酒を飲んでいるテーブルはないし、ソフトドリンクも安価で飲み放題の様子。
聞くと、飲みきれなければどうぞお持ち帰りくださいと、ビニール袋まで用意してくれるのだ。

そーか、それならとマグナムをチョイス。
(普通サイズがいくらだったかも覚えておらず 汗)
もちろん日本で瓶詰めをしていると思うし、キャップもラベルも簡素なもの。でも、いわゆる典型的なシャパいイタリアワインとしてがぶ飲みできる。このマグナムが1000円なら表彰状ものだ。
そのまま全部飲んでもよかったが、ここは持ち帰るというプランを採用。現在拙宅では、もうちょっと、もう一口ぐらい飲みたいなあというときの非常用として重宝している。