スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LとR

自分たちが日本人に生まれたことは抗いのようのない事実で、日本人である以上、日本人であることを強く主張し続けることが正しいと信じている。
なので、自分が英語を話す際、ネイティブっぼく話したいとはまったく思わない。
というより、ネイティブとは何なのか。単にアメリカ映画で使われている英語ということに尽きるだろう。
米語を話す人種とそれ以外とでは、世界的にみたらおよそ半々だとも言われている。
あえてアメリカ人でもないのに米語(日本人が思うネイティブ)を話す必要はなく、あくまで日本人として日本語訛りの英語を、きちんと相手に誤解されないように発音して伝えることが肝要なのだ。
というか、アメリカが世界に与える影響力はどんどん低下していくのが自明の理だが、英語が世界の共通語であることはもはや不変だろう。であるなら、シンガポールのシングリッシュのようにジャングリッシュで何が悪いのか。
そもそも、もともとはイギリスを経由して英単語は日本に入ってきた。だからトメイトと言わずにトマトと日本人はいうのである。

日本のテレビで常に最高視聴率をキープしている人気番組「世界の果てまでいってQ」で、出川哲朗が海外の都市にておつかいをする「はじめてのおつかいin海外」というコーナーがある。あるテーマを与えられた出川が、自分の持つ英語力のみで目的地までたどり着く(おそらくガチな)構成。日本人が懸命に発音する英語に対し、現地の人がどのように反応するががとても興味深い。

以前与えられたお題、自由の女神まで行け、に対し、出川は自由の女神のことをビッグドールとしか表現できず、それをひたすら現地の人にぶつけた。big doll big doll なのだけど、現地の人は、big door?と反芻する。つまりLとRの発音が出川(というか日本人)は使い分けられないのだ。日本人の耳には確かにbig dollとしか聞こえないのに、現地ではbig doorと判断されてしまう。改めて発音は大変重要だなあと感嘆する。
そして先日、同じ番組の出川のコーナーで、彼は幸運のイノシシを探すのだが、それを意味するlucky boarを繰り返し現地の人に聞いてると、ある人が、ROCKY BALBOA?と聞き返してるのを見て大笑いした。ここでもLとRの発音の違いから、大きく意味がそれているのだ。

日本人って、巻き舌を多用すれば現地っぽい、みたいな大きな幻想、というか過ちがある。
Ret's go!と叫んでも、英語圏の人はついては来ないだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。