お笑い番組

広告が出てしまった。
広告が出る前に(せめて一か月はあくことなく)書き続けたいと思いつつ、
3月4月はデッサンどころではない、原稿のボリュームが公私ともに多かった。

画家でもピアニストでも、本作やコンサートが続いているときにも、
やはりデッサンやソナタを弾くのだろうか。そりゃ、するよな。

ところで、
最近のマイブームは、「ブルゾンちえみ」って知ってる?
と、聞くこと(笑。皆さんご存知だろうか。
先日男4人でクルマで旅をしている車中、その質問をしたら、
2対2、二人が知らなかった。

否定する人も多いが、ぼくはテレビのお笑い番組が好きである。
大阪人というのは大きいし、仕事がエンタメに絡んでいることも理由の一つ。
特にM-1グランプリ(若手漫才師のコンクール)は、音楽・映画を含めたあらゆる国内で開催される賞レースでも、
もっとも秀逸だと密かに思っている。
なにより、中川家から始まって、ますだおかだ、アンタッチャブル、チュートリアル、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、サンドウイッチマン、ノンスタイル・・・。優勝者は今も一線で活躍している。
それだけ審査の精度が高いということだ。

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」でもうまく描かれているように、コンクールにおいて重要なのは、
審査員である。M-1グランプリが、なによりコンクールとして優れているのは審査員。
この審査員を選んでいるスタッフに、ぼくは心から拍手を送りたい。

ちなみに昨年の審査員は、
松本人志、上沼恵美子、博多大吉、中川家礼二、オール巨人。
松本、上沼、巨人師匠あたりはすでに定着しているが、それに加えて博多大吉、礼二の二人を選んだ点には、お笑いファンとして敬服する。

M-1グランプリは、予選は各審査員の得点の合計で上位3組が残り、
決勝は、審査員がそれぞれよかったと思うコンビに投票する。ゆえ、レコード大賞とかと違い、審査結果の透明性もまた番組の魅力なのだ。
審査員5名が、決勝に残った3組のネタを改めて見てだれに投票するのか、というのも視聴者として見どころの一つ。
オール巨人、上沼恵美子は本命に投票(想像の範囲)、博多大吉、松本人志は、当初から本命には投票しないだろうと考えていたが、その通り彼らの職責を果たした(決勝で一票をいただけたという若手漫才師への貴重なプレゼントを贈った)。

さて、中川家礼二。彼は、どのコンビに投票するのだろうか。
予想に反して本命に投票し、最後の一言コメントで「どんなに人気者になっても漫才を忘れるなよ」といった。
礼二はこれを言うために本命に投票したんだろうな。

どわっーと涙があふれ出た。
お笑いで泣くなよ(自分。