スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の話、である。
大阪梅田のヨドバシカメラに叔母と洗濯機を買いに行ったらしい。
その辺の事情は忘れてしまったが、洗濯機の発送の段取りとかで待っている時間に、ソフトバンク系列の会社からプロバイダー契約の勧誘を受けたそうだ。

ものすごく丁寧で分かりやすい説明に感動し、しかも今入っているソネットの契約内容を調べ、不必要な項目の契約解除やその他さまざまに手を尽くしてくれた結果、ソネットからソフトバンクへの乗り換え決めたという。

実は母は、ぼくたちの感覚では考えられないぐらい何度もプロバイターを替えている。そのたびにメールアドレスがかわるので、母のメアドで、今生きているのがどれなのかよく分からず、昨今はショートメールしか送っていなかった。

おまけに母は、長期入院をしている間に自分の契約している(生きている)メアドがどれか分からなくなったらしく(笑、ぼくに調べてくれというので、パスワードは分かるのかと聞くと、あれこれと言うものの、いずれのパスワードも反応せず違います、と表記される結果になる。なので、もう一度新たにメアドを作り直したいとの希望もあって、ソフトバングと契約したんだとか、変な理屈まで加わった。

うちの実家は、自分たちが帰ったときも普通にネットにつながるよう無線LAN環境にしている。母はソフトバンクから送られてきたルーターに何の疑問もなく付け替え、急にインターネットがつながらなくなったと電話があった。
それは当たり前でしょ、というのも87歳の母にはかわいそうなので、新しい波を探してそちらに接続しなおしパスワードを入れるように指示した。でも、その新しい繋ぎ先が分からない分からないと連絡がくる。

まあ、それを見つけるのはかなり難しいとか思っていたら、母の面倒を見てくださっていいるヘルパーさんが見つけてくれたと連絡があった。ではパスワードを入れたらそれで繋がるでしょと説明しても、あかんあかんとの一点張。

さて、大阪に出張の機会があり、自宅に泊まった際母のネット環境を整えようと、まずは自分のMacで試した。するとすんなり変更できて繋がった。あれ、どういうこと?と母に問うたら、ほんなら電話したみるわと、しかるべきソフトバンクの相談センターに電話してぼくにかわるように言う。
あれこれと自分は繋がったなどと説明しつつ、母のPCは繋がらないのですと聞くと、それはもうパソコンが壊れているとしかこちらからは言えませんとキッパリ。
ええぇ、買ったばっかりやで、なんでやのん。と母は意気消沈。

母に、もう一度はパスワードを入れてみなよというと、もう覚えるぐらい入れたわと入力している手元をみたら、なんとテンキーにNum Lockがかかってただけだった。
それを解除して入れなおすと普通につながる・・・。脱力。ソフトバンクのお客様担当さんごめんなさい。

翌朝、今度はメールアドレスの設定をすることになった。
こちらの方が、実は先にやってほしかったぐらいやで、と母はいうが、ネットにつながらなかったらメアドの設定はできないよと心で思いつつ、向こうから送ってきた書類を見せてと頼む。いろいろと出してきたものの、メアド設定に必要なパスワード等が書かれた情報がどこにもない。

お母さん、これで全部? 母は必死で書類の束を手繰りつつも、それだけやで、と。どれを見ても、インターネットのスタート日時とか料金体系とか、そんな内容ばかり。

ほな、また電話してみるわ、あんたかわってやと電話をし、担当者が出たのでその旨を訪ねた。すると・・・。

はい、メールアドレスの設定についてはお申込みをされておりません、だと。
それには月々500円よけいにかかります、という。果たして乗り換えた方が安かったのかどうか・・・。
そりゃ、いくら探しても見つからないよなあ。

そして母の新しいメアドは、次回に持ち越された。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。