食べログアワード

食べログアワードなるイベントがあったらしい。深夜のニュース番組でちらっと放送されているのを観た。
渡部建と寺門ジモンが呼ばれていてテレビのカメラが彼らのインタビューを紹介していた。

六本木の高級ホテルバンケットを使い、タレントを呼び、全国からアワードを受賞した料理人を招待していたようだ。
個人的には興味外のことだし、どこの店がアワードを獲ったかなどはもっと関心がない。
ただ、そんなことに贅を尽くすだけの金が、食べログにあるのか。あるとすれば、それはどこから出ているのかについては少し疑問を呈したくなった。

おそらくそのお金は、アワードなどとは全く無縁の、パーティに招待されることもない数多の飲食店から徴収したものだ。数多の飲食店は自分と同じ立場の、もしくはライバルである可能性も高い他の飲食店が、高級ホテルのパーティで飲み食いし、賞まで授与される、そのお金を自ら払っている、という構図である。

金を払っているのだから自分もそこに呼ばれるように頑張ればよい、というモチベーションもあろう。
でも、食べログという偏った恣意的なアルゴリズムでランクを決めているサイトでは、それはほとんど望めない。

評論家が決めるのではなく、国民投票だから価値がある、みたいなことをテレビのキャスターが言っていた。
国民投票? そんな言葉を安易に使ってもいいものだろうか。というより、国民投票なら、なぜ「松川」が一位になるのか。食べログの誰かに説明してもらいたいものだ。