FC2ブログ

W杯のサポーター

サッカーの世界的な大会など、大きな試合があると、その結果を伝えるテレビ番組は毎回、サッカーの試合内容よりサポーターの大騒ぎの方が尺が長い。母校だとか生まれ故郷で応援する人々、そして大騒ぎする渋谷駅前。
毎度社会問題となり、まったくDJでもないのにDJポリスと呼ばれる警察官が脚光を浴び、あそこにいけばテレビに映るかもしれないと勘違いする若者たちであふれる。

そんなところでの収録って誰が観たいのだろう。得点が入るシーンより、得点して大騒ぎしている人たちの映像の方が確実に長時間見せられるのが現状だ。有識者による各選手のコンディション状態チェック、得点場面や失点場面の解説や他の手段についてなど、取り上げるべき興味深い内容はいくらでもある。しかし、放映の大半は大喜びして、はんばねえとか叫んでる人たちばかり。サッカー好き一家の朝からを追っかけたりしてる番組もあって少々呆れた。

理由は分からないでもない。きっと放映権料がバカみたいに高いに違いない。
なので、リアルなシーンをできるだけ使わずに臨場感や興奮を伝えようとする各社が、同じような展開になる。

しかも大半はにわかサッカーファンで、ものまねされる本田とCMによく出ている香川ぐらいしかおそらく知らない。大迫や乾が出てきても、それが本田や香川以上に海外で活躍し評価されている選手であることを認識していないがゆえに、テレビのスポーツコーナーで突然取り上げられる。無料、もしくは価格の安いコンテンツをあそこまで準備しているというのは、たいしたもの、ではあるが。

ところで、日本対ポーランドでの日本の戦い方について物議をかもしている。
ちなみに監督の采配というかあの決断の是非はここでは問わない。それは日本サッカー協会が選んだ監督個人の問題だ。というより、グループステージは勝敗を決める場ではない、という大前提に立つべきかなと思う。時間内に勝負が決まらなければ引き分けという終わり方なんでしょ。そして一点ずつ分け合いましょうというルール。このステージは、お互いどのようにしてポイントを獲得するかを競う場であって雌雄を決するのはトーナメントに出てから、という理解が正しいと思う。なので、ポイントを獲るための手段は、得点以外でも、がむしゃらであっていいと考えている。