スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hawaiiにて

ハワイ出張から戻った。
当然ながら「ハワイに仕事で出張っていいですね」と繰り返されるが、ハワイと日本はかなりの時差があり、ハワイ時間の午前2時3時まで日本からの電話が鳴り、現地では9時過ぎより炎天下での会場ロケハンと打合せ。滞在最終日は、イベントに使う備品を確保しに、一人レンタカーでオアフ島中のホームセンターやスーバーを巡った。食事もほとんどビジネスがらみだったが、それでも鉄板焼の「Tae's」とローストチキンの「Maui Mikes」には行った。この辺が精一杯か。

体力的にはヘトヘトになって日本に戻ったけど、つかの間といっても日本の梅雨から抜け出せたのは幸せと言えるかな。「涼しい」という言葉は、気温的に「丁度いい」とのニュアンスを持つが、「涼しい」とはハワイのためにある言葉のような気がした。日本では常夏の島と称され、特に芸能人は冬にハワイに行くが、冬はハワイ(オアフ島)は雨の多い時期で比較的湿気もある。ハワイに行くなら、日本の梅雨から真夏にかけて「避暑」で行くのが最適かと思う。

さて、ハワイネタではないんだけど、現地の人(つまりアメリカ在住という意味で)と飲んでいてへぇーと思った話をひとつ。日本でも今の海外ニュースというと盛んに報道されているのが、メキシコ湾沖で起こった原油流出事故。BP社という、エネルギー関連企業としては世界第3位のイギリスの会社が、連日アメリカのニュース番組で槍玉に挙げられているそうだ。いっぽう、アメリカ側も、強烈に非難し続けた結果、この会社に倒産されては流出による損害補償が受けられないので、その辺のアメリカ議会やマスコミの手加減具合も見所らしい。

ただ、BP社の事故おかげで一番得をしたのは、トヨタではないか、とハワイ在住の彼は言う。つまり原油流出事故が起こるまでは、連日ニュースでの非難の標的はトヨタだった。それが今やBP社へと矛先は全く方向転換されたわけだ。

BP社の社長の発言がまた物議をかもしている。豊田社長と同様アメリカ議会で謝罪や弁明をしたそうだが、その応対が相当ひどくて、トヨタの社長がいかに平謝りし真摯に答弁したかと、すばらしい例として比較されているんだと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。