スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘家「魔裟斗」の言葉

先日、仕事の関係で、魔裟斗という、日本人初のK-1 WORLD MAX世界王者にして、2009年12月31日に引退した格闘家のトークショーを見る機会があった。

イベントの企画・運営を生業にしていると、およそ「興行」というものには構成や台本があって、できるだけそれに沿って進行しないと運営が成り立たないのは自明の理である。広い意味での格闘技も、興行である以上、少なからずそういった構成や台本はあるはずだ。唯一ボクシングにはないと言われているが、昨今の亀田兄弟の試合を見ていると、果たしてそうかなあという気もする・・・根拠はありませんが。

ただ、総合格闘技と称される分野(といっても、あまり詳しくありません)では、そういった「台本的」なつまらなさを払拭し、できるだけリアリティのある対戦を企画・構成しているところが、改めて「興行のプロ」の仕業っぽく、ぼくには見えてしまう。

そんな格闘家の中で魔裟斗は、ルックスもよくて華があり、高い人気を誇ることは知っていた。雅人という本名に魔裟斗との漢字を当てるセンスには「?」なのだが、クラスは異なるとしても、佐竹~武蔵と違って「勝つ」ことのできるファイターは魅力的。まだまだ戦える年齢で引退をされてしまって、「興行のプロ」もさぞかし失望しただろう。

過去のKOシーンを大画面映像で織り交ぜての進行で、トークだけではもたないという判断もあったと拝察するが、その魔裟斗氏の、あまりにもオーソドックスで実直な話がすばらしく、外見や経歴とのギャップを感じて、聞き入ってしまった。というか、逆にKOシーンの映像等は不要で、もっと彼の言葉を聞きたいなあと思ったぐらいなのだ。

トークショースタート当初こそ、「自分はいつでもフェラーリに乗れるけど今はベンツに乗っている」と、成功した元格闘家らしい皮切りだったが、進行MCのどうしてチャンピオンになれたと思うかとの質問に対し、日々の地道なトレーニングを「継続」することができたから、と答え、会場からの質問コーナーで、夫婦円満の秘訣は、と問われたことに対し、即座に「浮気をしないこと!」と返した。

「継続」と「浮気をしない」。
月一でしか更新できていないこのブログ上で、いまさら改めて書くことも恥ずかしいけど、それでも、そんな気持ちです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。